メルマガ読者を集めるために知っておきたい!
「無料レポート」を集客装置として活用するための3つの方法

メソッド

  • HOME
  • ブログ
  • メソッド
  • メルマガ読者を集めるために知っておきたい!「無料レポート」を集客装置として活用するための3つの方法

インターネットビジネスで成果を出すためには、メールマガジンは欠かせません。メルマガ読者が増えれば増えるほど、新しい商品・サービスの告知をした時に購入してくれる人も増えますし、読者との関係性を深めることでリピート率を高めることができます。

それに、まだ自分の商品やサービスを持っていなくても、自分がおすすめの商品・サービスをアフィリエイトすることもできるので、ネットビジネスに取り組んでいる人は「無料レポート」を作って、メルマガ読者を集めるわけですね

ただ、どれだけ素晴らしい独自のノウハウ(読者に役立つ情報)を詰め込んだ「無料レポート」を作ったとしても、その存在を知ってもらうことができなければ、ダウンロードされることはありませんし、当然メルマガ読者を集めることができません。そのため、ここでは「無料レポート」を集客装置として活用するための3つの方法を解説します。

1:アクセスの集まるブログにメルマガ登録ページへのリンクを貼る

アクセスの集まるブログを運営している場合には、ブログの一番目に付きやすいトップページや、各記事の下などにメルマガ登録ページへのリンク(メルマガ購読を促すCTA)を貼りましょう。1日のアクセスが1000、2000あるようなブログであれば、毎日メルマガ読者が増えていきます

2:読者数の多いメルマガ媒体で号外広告を出す

ブログは運営していなかったり、記事を書いているけどまだそれほどアクセスがない場合には、メルマガの購読を促すCTAを設置しても登録数は増えていきません。そのような場合には、数万や十数万といった部数のある、読者数の多いメルマガ媒体に広告を出すことで、一気にメルマガ読者を増やすことができます

ただ、読者数の多いメルマガ媒体は、それだけ広告料が高くなるので、1度の配信で数万円〜十数万円の費用がかかります。また、媒体によって反応率が違ったり、自分のビジネスとの相性(ターゲット属性)もあるので見極めが必要になります

3:無料レポートスタンドに掲載してダウンロードしてもらう

まだネットビジネスを始めたばかりで、広告を出すことができない場合には、無料で登録できるメルぞうXamなどの「無料レポートスタンド」を活用しましょう。無料レポートの登録が完了すると、トップページの新着に掲載されたり、ダウンロード数が多いとランキングにも掲載されて、無料で読者を増やすことができます

ただ、日々たくさんの「無料レポート」が登録されるので、登録のランキング上位に食い込まない限り数日で新着順からは埋もれてしまうので、掲載後すぐにたくさんの人にダウンロードしてもらう工夫が必要になります

メルぞうプラチナ会員になると数万部のメルマガで紹介してもらえる

メルぞう・Xamを運営している株式会社エマックスでは、メルぞう・Xamに掲載した「無料レポート」を、合計で数万部になる、公式3メルマガで月に1回紹介することができる「メルぞうプラチナ会員」という広告サービスがあります。

一般的に、メルマガ号外広告の平均単価は1部1円と言われていますが、メルぞうプラチナ会員は5,980円で数万部のメルマガで配信することができるので、ネットビジネス初心者でも気軽に試すことができます。(おかげさまで費用対効果抜群だと評価をいただき、継続率の高い広告サービスになってます。)

このような広告サービスを活用することで、たくさんの人にあなたの無料レポートの存在を知らせることができる(メルぞう・Xamに登録した無料レポートが新着から埋もれてしまっても)ので、メルマガ読者が増える可能性がグッと高まります。

そして、今回「メルぞうプラチナ会員」と同様に「メルぞう・Xamに登録した無料レポートを公式3メルマガ(合計で数万部)で月に1回紹介してもらうことができる権利」が、YOCの特典として追加されましたので、ぜひ有効活用してメルマガ読者を集めてください↓

YOCの詳細を見る

さらに、YOCメンバーは「メルぞうプラチナ会員」を、特別単価でアフィリエイト(継続発生型)することができる権利も付いてきます。広告効果を体感していただけたらぜひ紹介してください。継続報酬を増やしながら資産的な収入を作っていきましょう↓

ゼロからはじめるメルマガ講座

メールマガジン配信歴18年のYOBUNOと女性起業家の佐藤久美がお届けする
メルマガで自動的な収入を作るための手法を"無料"で公開中です!

詳細はこちらをクリック

関連記事一覧